学部・学科

Undergraduate School

東海大学は、全国のキャンパスに23学部62学科・専攻を擁する総合大学です。深い専門性や複眼的な視野を育む教育を実践し、柔軟かつ特色ある学びを提供しています。

「心理」について学べる学部はこちら

観光学部

世界はダイナミックに変化し続けています。この世界のダイナミズムに対応すべく、観光学部は未来に向けた新たなツーリズムの扉を開けることになります。同じキャンパスの社会科学系学部や情報通信学部と密接に連携し、相互に関連する学問を履修することで、学際的な学びを実現します。また、幅広い視野に立って行動し、社会ニーズを先取りする新たなツーリズムを展開できる観光人材の育成を目指します。

文化社会学部

文化社会学部は、「文化」の観点から「社会」を考えます。「多文化理解」「言語表現」「メディア」「自立と共生」をキーワードに新しい世界を切り拓いていくアプローチを提案していきます。それは、グローバル化、デジタル化が進む現代、紛争や格差、環境問題などの複雑化する課題の中で地域と文化の関係に注目しコミュニケーションと創造の力を獲得することで改めて私たちの幸せとは何かを問い直す営みでもあります。東海大学文化社会学部は、6 つの学科で実践的に課題に挑戦していきます。

健康学部

あなたは「健康」という言葉から、何を思い浮かべるでしょう。WHO(世界保健機関)では、健康とは“ 身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、病気あるいは虚弱でないことではない” としています。つまり、からだと心ばかりでなく学校や家庭、職場などで生活や人間関係まで含めてうまくいっていることによってその人が幸せと感じている状況が「健康」であると言え、一人ひとりの健康が、社会全体の幸せや健康をつくっているのです。しかし、少子高齢化や経済格差、自然災害などに加え、ウイルス感染拡大の危機に直面する社会では、今ある幸せが将来的にも続くとは限りません。だからこそ、人々の健康を損ねるさまざまな問題に挑み、解決していく人材が求められているのです。これからの人と社会を、もっと笑顔に、もっと健康にするために。

情報理工学部

人間の脳や心が持っている高度な情報処理機能の解明や、その機能の技術としての実現は今、最も目覚ましい発展を遂げている科学分野の一つです。認知機能、生理機能を計算機科学・工学・理学・医学・心理学などの学際的視点から学ぶことは、未来を変える知的ひらめきの泉です。情報理工学部では、このような人間と情報と機械の関連を学際的に捉えた、ユニークな研究・教育を強力に展開しています。

建築都市学部

新設 New

建築都市学部は、建築と都市基盤を総合的に学ぶ学部として、2022年に誕生します。 ここでは、これまでの建築・都市の視点に加え、地域に寄り添い独自の課題に取り組む視点を学修の柱としています。 建築の形といったハードだけではなくソフトの視点もバランスよく学び、建築・都市の多様な課題に柔軟に対応できる技術者を育てていきます。

文理融合学部

新設 New

文理融合は、可能性のかけ算だ。 例えば…AIを活用して、観光客のニーズを先取りできるプランナー!ロボットを導入して、山村を元気にする行政職員!そんな人たちが活躍する未来が、すでに始まっています!