教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 海洋学部海洋文明学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、現代文明の持つ諸問題の解決に向けて、「海と人との関わり」という視点から、人文・社会科学の基礎的知識の理解と社会的状況と関連付けることのできる発想力をもって、社会的取組みの実際を分析しながら問題を発見することによって文明社会を捉え直し、社会的倫理・責任感を伴った行動力を持った人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 海洋学部海洋文明学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 「海と人との関わり」についての人文・社会科学的基礎知識を理解するとともに、現代文明の持つ問題について、自らを取り巻く社会的状況と関連づけて具体的に理解できる。

『汎用的技能』
 海洋文化の継承、海の資源の管理と活用について実際の取り組みを理解、分析することを通して論理的思考力及び問題の発見と実践的な対処・解決の方策を導き出すことができる。

『態度・志向性』
 人文・社会科学の発想力を基盤にして、各個人が社会の一員として自らの役割と責務を全うする社会的責任感をもって行動にうつすことができる。

カリキュラム・ポリシー

 海洋学部海洋文明学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本学科では、海と人の関わりについての、人文・社会科学的基礎知識及び具体的に社会的状況と関連づける思考力を養うために、学科専門基礎科目として初年次より「海洋文明学概論」、「海洋文明学入門ゼミナール」の必修科目、及び「人類学」、「経済学」、「海洋政策論」の選択科目を設置して基礎的知識の理解を深め、さらに専門科目として「海洋文化の伝統と創造」、「海洋国際関係論」など現代の社会的状況との関連づけを考察する科目を設定しています。
 また、海洋文化の継承、海の利用技術について取り組みを理解、分析するための科目として「水産社会概論」、「海洋環境保全概論」、「海洋文化と資源管理」、「海洋文化の伝統と創造」「海の観光と社会創造」などの専門科目を設置し、事例研究を通して情報を論理的に分析していく力を養っていきます。さらに総合科目のなかに「フィールドワーク基礎演習」、主専攻発展科目のなかに「フィールドワーク演習」を設置して、学生が社会的取組みの現場において特定の事例に臨み、能動的に問題を発見し解決していく力を養っていきます。これらの力は、2年次から開始される少人数のゼミナール「海洋文化基礎ゼミナール1・2」、「海洋社会基礎ゼミナール1・2」、「海洋文明学ゼミナール1・2・3」を通じて、さらに強化されていきます。
 さらに、自立した社会人として必要とされる倫理・責任感の伴った行動力を修得することを目的として、必修科目として「キャリアデザイン」を開講する一方、「環境ボランティアとNPO」、「海の利用と国際協力」などの科目において社会の一員としての意識を養い、社会の発展に積極的に関与できる力を養っていきます。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、海洋学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

海洋文明学科へ戻る