教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 海洋学部航海工学科航海学専攻の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、海事に関わる人文社会学、自然科学などの幅広い基礎知識と、高度な海技士としての専門知識と技術をもって、海運界、海事関連産業が抱える多様な諸問題に対して、その全体像を正しく理解し、さらに、これらの問題に対する対処・解決の方策を導き出せる海技従事者となる人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 海洋学部航海工学科航海学専攻では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 海(自然現象、気象、海象など)に関する科学的な基礎知識と、船を運航・管理するために必要な海事に関する基礎知識を併せ持ち、さらに海技士としての専門分野での応用的知識を有している。

『汎用的技能』
 海技従事者としての専門分野における最新の知識・技術に精通することを通して、具体的な問題に対する対処・解決の方策を導き出せる。

『態度・志向性』
 海運界や海事関連産業で海技従事者として活躍するために必要となる国際感覚を備えたリーダーシップを発揮できる力を有している。

カリキュラム・ポリシー

 海洋学部航海工学科航海学専攻が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本専攻では、海に関する科学的な基礎知識、船を運航・管理するために必要な海事に関する基礎知識、さらに海技士としての専門分野での応用的知識を養うために、学科専門科目として初年次より「航海工学入門ゼミナール」の必修科目、および海技士関連科目の「運用通信実習1」を設置し、次年度から海技士関連科目の「航海学1・2」、「運用学1」、「航海計器学1・2」、「航海力学」、「舶用機関概論」、「航海学演習1・2・3」、「航海計器学実験」、「運用学演習1」、「航海気象学」、練習船望星丸を用いた1ヶ月間の乗船実習「短期乗船実習」など、および専門科目の「電子工学」、「無線工学」など、そして学科総合科目の「海洋実習3」を設置しています。
 また、海技従事者としての専門知識と技術を総合的に活用し、具体的な問題に対する対処・解決できる力を養うために、海技士関連科目の「航海学3」、「運用通信実習2」、「運用学2」、「運用学演習2」、「海事法令」、「海運実務論」、合わせて6ヶ月間の乗船実習となる「乗船実習A」、三級海技士(航海)の免許試験に必要な「乗船履歴」を得るため卒業後に履修する6ヶ月間の「乗船実習B」などを設け、および専門科目の「国際海事法」、「船舶管理概論」、「船舶保険論」、「港湾工学概論」、「海難論」、「海上交通工学概論」などを設けています。
 さらに、グローバル時代に対応できるコミュニケーション力を持ちリーダーシップを発揮できる力を養うために、専門科目として初年次より「海事英語ゼミナール」の必修科目、および海技士関連科目の「海事英語1・2」、「物流英語」などや、専門科目の「物流論」、「海運経済論」などを設置しています。総仕上げとして総合科目の「海事研究ゼミナール」、「海事研究」を行ない、海運界や海事関連産業で活躍できる力を養っていきます

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、海洋学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

航海工学科 航海学専攻へ戻る