教育研究上の目的・人材像

海洋機械工学専攻の教育方針と教育目標

地球の表面の約7割を覆っている海は、豊かな生命を育み、人類のかけがえのない財産である。また、船による海上輸送は人類の活動が始まって以来、絶え間ない発展を続け、今日では生活物資や原料、エネルギー資源の大量輸送手段として重要な役割を担っている。近年、経済のグローバル化により、国境を越えた物資やサービスの移動が活発化し、海上輸送量は拡大を続けている。特に、わが国はエネルギー資源の大部分を海外から輸入しており、日本の産業は完全に海上輸送に依存している。わが国の造船技術は現在、世界をリードする立場にあるが、将来、国際分業化が進むことを考えると、設計技術や製造技術の更なる革新が望まれている。例えば、推進手段の効率化や二酸化炭素排出量の少ない舶用動力機械の開発、排熱エネルギーの回収など環境保全技術に力を注ぐ必要がある。この他、地球温暖化を防ぐ取り組みとして、海洋での自然エネルギー(再生可能エネルギー)の利用が考えられており、浮体式洋上風力発電や洋上太陽熱発電の研究が進められている。

一方、海洋は今なおフロンティアであり、特に深海については高い水圧に阻まれ、未知な部分も残されている。わが国は、大深度潜水が可能な潜水艇や探査船を有する数少ない国の一つである。海洋の鉱物資源には石油や天然ガスの他、マンガン団塊やメタンハイドレートなどがあり、開発に大きな期待が寄せられている。海洋資源の開発や海洋空間の利用には、海中ロボットや探査船などの「海洋機械システム」の高度な技術を開発していかなければならない。それには旺盛な好奇心と何事にも挑戦する情熱、幅広い知識と創造力が必要となる。本専攻では海洋分野での機械システムを「つくり」、「利用する」ための基礎技術を学び、責任感と実践力をもって、国際競争力を有する付加価値の高い「ものつくり」に携わり、広く社会に貢献できる技術者を育成することを目標とする。

海洋機械工学専攻の教育は、基礎教育を重視し、低次セメスターでは専門基礎科目と専門共通科目を履修する。専門基礎科目は、海を総合的に理解し、自然を科学的に学ぶ基礎を身につけるための科目である。専門共通科目は、海洋機械工学を理解し、工学を学ぶ基礎を身につけるための科目である。高次セメスターでは、応用的専門科目としての機械ロボット工学系と船舶海洋工学系の科目のほか、総合科目を履修する。総合科目には、各指導教員の研究室に分かれてマンツーマンの指導を受けながら学ぶ海洋機械工学ゼミナールや卒業研究としての海洋機械工学研究などがあり、専門知識を総合・具体化してまとめる能力を育成する。

航海工学科海洋機械工学専攻が養成しようとする人材

夢のある持続可能な社会の実現を目指し、幅広い視野を持った技術者として、社会を支える人材を養成する。持続可能な(サステイナブル)明るい未来を作るためには、持続可能な未来のビジョンを描くことが大切であり、持続可能な開発のための教育が果たす役割は非常に大きい。海洋機械工学専攻で養成しようとしている具体的な人材像は以下のとおりである。

船舶海洋技術者

高効率、低環境負荷、低コストを目指した船舶・海洋システムの設計・開発・製造能力を持つ人材

機械システム技術者

世界に通用する「ものつくり」技術を修得し、自動車、鉄道、航空機、宇宙機など様々な機械技術分野で社会に貢献できる人材

ロボティクス技術者

ロボット制御技術、メカトロニクス工学などを駆使し、人に役立つシステム作りができる人材

航海工学科 海洋機械工学専攻へ戻る