教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 工学部応用化学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、日本の基幹産業である製造業界において、化学の基礎知識や専門知識に立脚して論理的判断を下すことができる人材の育成を最大の目標としている。さらに、グローバル化した社会において活躍しうる国際的なセンスを養成すると共に、化学的視点で科学技術を理解し判断できる研究者、技術者または指導者を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 工学部応用化学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 社会の発展とグローバル化する社会情勢に対応しうる教養と知識を身につけ、多様化する技術動向を化学的に理解できる知識と技能を持つこと。

『汎用的技能』
 産業界で活躍する化学技術者として必要な基礎知識や専門知識と技能を活用し、現代文明が抱える諸問題を挑戦する実践力を持つこと。

『態度・志向性』
 グローバルな視点に立脚して、修得した化学的な知識や技能を持続可能な社会の実現および人類の発展に活用し、さらに必要な知識や技能を継続して研鑽し獲得する姿勢を持つこと。

カリキュラム・ポリシー

 工学部応用化学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 応用化学科では社会の発展とグローバル化する社会情勢に対応しうる教養と知識を身につけ、多様化する技術動向を化学的に理解できる知識と技能を持たせるために、基礎科目・専門基礎科目・専門科目と順次・系統的に化学的・工学的なものの見方と考え方を体得するためのカリキュラムを編成しています。また、低年次から観察力や判断力、思考力や創造力が身につくように実験・演習科目を設けており、最終仕上げとなる卒業研究まで系統的に高度な知識と技能が身につくよう配慮しています。
 一方、化学産業界で必須となる4つの専門領域(有機化学、無機化学、物理化学、化学工学)を基幹としたカリキュラムを編成し、低年次から高年次に至る間、順次系統的な学修が意識できるような科目構成としています。さらに各領域の基礎から応用まで、また複合領域の知識や技能まで修得できるよう考慮しています。
 以上のように、基礎的な学習の進度に応じて自分の適応性を考え、個性を伸ばし、希望に沿った知識や技能を体得できるように様々な選択科目を開講しています。
 産業界で活躍する化学技術者として必要な基礎知識や専門知識と技能を活用し、現代文明が抱える諸問題を挑戦する実践力を養うために、入学当初より「問題発見・解決型」のゼミナール・演習科目を設けています。さらに、低年次から高年次に至る間にキャリア教育科目を設置し、将来の展望を整理しながら学修内容を踏まえて四年次の卒業研究や卒業論文、就職活動を迎えられるようなカリキュラムとしています。
 また、グローバルな視点に立脚して、修得した化学的な知識や技能を持続可能な社会の実現および人類の発展に活用できるように、全学必修である英語コミュニケーション科目に加え、本学科の主専攻科目においても、科学技術系英語の系統的な学修を意図し、初歩的な科学技術系分野のボキャブラリー修得(化学英語基礎)から始まり、表現法(化学英語)などを通して総合力を培い、最後に科学技術系英文文献の講読(英文講読)によって、さらに実践的な科学技術英語に触れる機会を設けています。これらにより、卒業研究等の実践科目ではもちろん、本学卒業後も必要な知識や技能を継続して研鑽し獲得する姿勢を持ち続け、国際的な自然科学・技術情報をスムーズに収集できるカリキュラム構成としています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

応用化学科へ戻る