土木工学科

工学部

  • 湘南キャンパス

土木工学は安全で快適な生活空間、そして自然にやさしい環境を実現するための学問です。そのため、本学科では専門の知識や技術だけでなく、社会や自然に対する深い洞察力を養います。また、実社会で問題に直面した際に役立つ応用力や、問題解決能力が養われるカリキュラムとなっています。

土木工学科ニュース

土木工学科の特色

幅広い教養を身につける

土木工学は安全で快適な生活空間、そして自然にやさしい環境をつくるための学問です。そのためには、単に専門の知識や技術を学ぶだけでなく、社会や自然への深い洞察力が求められます。土木工学科では「現代文明論」や「現代教養科目」などの授業を通じて幅広い教養を身につけ、社会における専門の役割をしっかりと理解する教育を行います。


きめ細かな専門教育

土木工学は街や暮らしが活気づく空間をつくる学問でもあります。新しい時代が必要とするまだ知らない空間をつくることは難しいことのように思われますが、原理が分かれば工夫ができます。土木工学科では、専門知識の基礎を十分に学ぶこと、高校で習った数学や物理などの原理をもう一度理解することがとても重要だと考えています。


環境・計画と建設・防災

人の心をうるおす自然と調和した都市や、街をつくり安全で快適な生活を守ることは、いくつかの部門が手分けして行います。国や県・市では、新しい時代における都市や街の計画、その予算を考えます。民間では、これらの計画を実現するために設計や調査を行い、実際にものをつくる作業をします。土木工学科では、社会に出てからの活躍分野を考えて、「建設・防災」と「環境・計画」の2つのコースの履修モデルを設けています。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成