工学部

教育研究上の目的及び養成する人材像

工学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、工学に共通する基本的知識と、学科固有の専門知識に加え、世界の趨勢に目を向ける国際性および多様化する価値への寛容性をもって、世界が直面する技術的課題や現代社会が内包する社会的問題に対し、科学技術者の視点から積極的かつ創造的に取り組み、社会の発展に寄与する志をもった人材を養成することです。
以上の目的を達成するために、工学部では7学科2専攻に学士(工学)の学位プログラムを設置し、各々に「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めています。