動力機械工学科

工学部

  • 湘南キャンパス

自動車、航空機、船舶、磁気浮上車両などの輸送機械と、その動力源であるエネルギー変換技術を学ぶことができます。卒業研究では実験や数値解析のスキルを磨き、学生フォーミュラなどの各種モータースポーツの研究をすることもできます。今から4年で高校の先生がびっくりする”あなた”にします!

動力機械工学科ニュース

動力機械工学科の特色

「車両構造力学」の授業風景

1年次に専門基礎科目の「材料力学」を学んだ学生へ向けて、専門科目として自動車の材料力学を学びます。


「シミュレーション工学」の実習風景

一般の研究では実験に先駆けて数値解析を行います。本授業はパソコン室で実習を行い、効率よく理解を深めます。


「卒業研究」の風景

個別指導が基本であり、教員の専門性を最大限に発揮して世界へはばたくエンジニアを育成します。


「動力機械実験」の風景

実験は4~6名のグループでさまざまな動力機械を観測・測定します。教員と大学院生(TA)が丁寧に指導します。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成