精密工学科

工学部

  • 湘南キャンパス

ロボット工学やナノテクノロジーなど、日本の産業を支える精密機械工学の各分野を学び、精密機器のエキスパートを目指します。講義を通じて、ロボットやナノテクノロジーなど精密工学の理論・技術を体系的に学び、実験・実習を通してエンジニアに必要な創造力や応用能力を培います。

精密工学科ニュース

精密工学科の特色

人と共生できる高知能ロボット

工場での産業用ロボットばかりでなく、超高齢社会を迎えて「手術ロボット」や「介護ロボット」など医療・福祉分野でも高性能ロボットの導入が求められています。こうしたニーズに応えるため、本学科では人間のように賢く器用で、人間に絶対危害を加えない知的ロボットの実現を目指しています。


技術躍進の原動力メカトロニクス

機械工学と電子工学が合体したメカトロニクスによって機械が高度に知能化・システム化され、ロボット、工作機械、光学機器など、産業発展を支える多くの製品が生み出されています。


日本産業の未来を切り開くマイクロ・ナノテクノロジー

マイクロマシンは多彩な微細加工技術を駆使してつくられる精密機器。ナノテクノロジーの「ナノ」とは10億分の1のこと。ナノメートル、ナノグラムなど、「マイクロ」よりもはるかに微細な世界を対象とした最先端の精密技術です。


誰もが快適に暮らせる社会を支える「ものづくり技術」の基礎と応用を学ぶ

高齢者や患者さんの「自動健康管理システム」、生体内に入り込んで体内から治療をする「生体内医療マイクロマシン」、さらにはそれを構成する「生体にやさしい材料」の開発にいたるまで、明日の社会を快適に過ごすために必要な「ものづくり」の基礎技術とその知識を生かした応用技術について学修します。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成