教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 工学部建築学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育研究目的に沿って、幅広い教養と確固たる歴史観、人生観に裏打ちされた高度な建築知識と技術・技能を身につけ、自らの信念と責任をもとに、建築学科の3つの専門力である「Ⅰ.設計に関する知識と表現力」、「Ⅱ.環境や設備に関する知識と理解力」、「Ⅲ.建築構造、施工・材料に関する知識と理解力」を獲得し、建築の各方面で実社会に貢献しうる指導的人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 工学部建築学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 都市・建築を創るための基礎及び専門知識。(世界及び日本の都市・建築の歴史的・文化的前例、建築の安全性・快適性・健全性、ライフサイクル・サスティナビリティ、建築が及ぼす社会的影響、建築士の職業倫理等)

『汎用的技能』
 造形、及び空間創造のための基礎及び専門技能。(デザイン探求のための3次元思考能力、美的かつ技術的な要求を満足するデザイン創出能力、ハンドワーク・オーラルコミュニケーションを中心とした空間表現能力等)

『態度・志向性』
 地球環境保護の視点から都市・建築空間創出のあリ方や技術的方法、倫理・経済原理等を考え、社会貢献をしようとする態度とニーズに対する最適解を求め続ける真摯な態度。

カリキュラム・ポリシー

 工学部建築学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 建築学科の教育課程の編成方針は、工学部の教育課程の編成方針に従いながら、すべての講義・演習・実習・実験科目において、建築学科の教育方針にもとづくカリキュラムを構築し、多様な学生の資質に応じた実践力が身に付くように指導することを基本としています。本学科の主専攻科目には、一級建築士受験に必要な科目が多数開講されており、これらの科目の編成・運用は、外部審査機関による認証・評価も受けています。
 建築学科のカリキュラムでは、豊富な実験・実習科目を開講しており、学生にとって授業内容がわかり易い科目名称の設定と推奨履修時期の設定をしています。また、キャリア教育科目を充実し、大学院進学者の増加を図るため、卒業研究、卒業論文・卒業設計に関連するプレ履修選択科目として、3年時秋学期に建築専門演習を設定しています。
 建築学科の3つの専門力に関わる科目の特徴は以下のとおりです。

Ⅰ.設計演習科目では、導入教育から一貫した包括的な設計教育のカリキュラム運営を行います。計画系の講義科目については、授業内容がよりわかり易く、履修し易い科目名称を設定し、科目の選択性を高めています。
Ⅱ.環境・設備科目の講義・演習科目については、環境工学関連の基礎科目を充実させ、設備関連科目と開講科目数・単位数のバランスを図っています。
Ⅲ.建築構造、施工・材料系の科目については、建築構造力学・同演習、建築鉄筋コンクリート・同演習、建築鋼構造・同演習等の科目について、能力・資質に応じて早いセメスターでも履修できるようにしています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

建築学科へ戻る