教育研究上の目的・人材像

教育方針と教育目標

建築学科は1946年に本学の前身である東海科学専門学校の建築学科として発足し、1970年に東海大学建設工学科、1971年に建築学科と改組され今日に至っている。本学科は、創設者故松前重義総長の建学の精神と創設の当初から同志として学園の建設に協力し、同時に大正、昭和を通じて日本の分離派建築運動の指導的建築家として著名であった故山田守初代主任教授の建築理念をもとに、一貫して幅広い教養と確固たる歴史観、人生観に裏打ちされた高度な建築知識と技術を身につけ、自らの信念と責任のもとに建築の各方面で実社会に貢献しうる指導的人材を育成することを教育目標としてきた。

この教育目標を達成するためには、全学共通の「自ら考え」、「集い」、「挑み」、「成し遂げる力」が必要とされ、その上に工学部共通の「技術者のモラルと使命」、「工学を理解するための基礎力」、「時代の変化に対応する専門力」が築かれることによって、学科が目指す3つの専門力である「設計に関する知識と表現力」、「環境や設備に関する知識と理解力」、「建築構造や施工に関して理解する力」が獲得されると考えている。

本学科では、全ての講義・演習科目において、上記の全学共通として育成する力、工学部共通として育成する力、および学科として育成する力のそれぞれをバランスよく取り込んだカリキュラムを構築しており、学生の資質に応じた力が身に付くように指導することを教育方針としている。

具体的には、まず、初年次において専門教育を理解する上で基本となる「建築入門」、「入門ゼミナール」などの導入教育科目を通して、本学科が目指している教育目標や教育方針を理解してもらうこととし、併せて学生の個人の能力を活かし、それぞれの個性を伸ばせる環境を整備して、これらに対応させるべくリベラルアーツ教育を積極的に行っている。このように、各学生の資質を十分に配慮して、学科構成員全員が常に教育指導の向上を目指して教育改善に取り組んでいる。また、本学科の主専攻科目には、国土交通省から認定を受けた一級建築士科目のほとんどが取り込まれており、セメスター開始時のガイダンスでは、卒業時までに一級建築士受験資格が間違いなく取得できるよう科目履修の指導を行っている。さらに、一級建築士指定科目の中で、大学院へとつながると思われる科目については、自己形成科目(主専攻発展科目)の中に取り込み、大学院教育を見据えた一貫プログラムを形成している。

以下に本学科が目指す3つの力の育成方法を記す。

設計に関する知識と表現力

設計に関する知識と表現力を培うためには、「建築設計製図科目」「建築計画科目」、「建築法規科目」、「建築一般科目」などが配されている。これらの科目を履修することにより、建築を計画し図面上に表現できる力が養われる。また、学科として設計製図科目の総合講評会を設け、学年の枠を超えた設計に関する議論の場から「集い力」、「挑み力」の育成に力を入れている。さらに、「建築一般科目」の中に集中講義として「海外建築研修」を設け、教員の引率のもとに海外の建築や都市を見学し、豊かな国際性の感覚を身につけてもらう機会を設けている。

建築の環境を考え計画できる力

建築の環境を考え計画できる力を培うためには、「建築環境工学科目」、「建築設備科目」が配されている。現代の建築は、環境を配慮することなしには成り立たない。照明や通風、熱等に関する知識は、人間が快適に居住する上で必要である。また、これらの環境の諸要因を調整できるような設備機器の設計に関する知識は、建物の躯体に命を吹き込むことにつながる。本学科では、講義科目に加えて「空気調和設備設計・演習」、「給排水設備設計・演習」を設け、徹底した実地指導を通して、成し遂げ力や時代の変化に対応する専門力の向上を図っている。

建築の構造を理解できる力

建築の構造を理解できる力を培うためには、「構造力学科目」、「建築一般構造科目」、「建築材料科目」、「建築生産科目」が配されている。いずれも、構造設計や現場管理をする上で必要な知識であり、構造力学系では骨組みの力の流れを理解することに主眼が置かれ、「自ら考える力」と「工学を理解するための基礎力」が必要とされる。建築材料系では「工程能力である成し遂げ力」が必要とされる。また、建築の一般構造系科目では、「問題発見力」や「構想力などの挑み力」が必要とされる。建築生産科目では、建物の築造過程を学ぶことから「集い力」や「挑み力」の育成に重点が置かれる。就職に関しては、卒業後に備えて、各学生の志望と適正に沿ったきめ細かな指導を積極的に推進し、企業の求人活動に迅速な対応を行うと共に、社会の需要に応じてますます増大する大学院進学希望者への対応を強化し、研究活動の活性化を図っている。

建築学科が養成しようとする人材

東海大学型リベラルアーツ教育を基本とし、これに「集い力」、「挑み力」、「成し遂げ力」を取り入れ、早期に一級建築士の資格を取得するモチベーションを高めると共に、併せて本学の建学の精神および工学部の教育理念に則った次世代への展望を有することのできる学生の育成を図る。

建築学科へ戻る