教育研究上の目的・人材像

教育方針

低学年次は工学部のある湘南キャンパスで、高学年次は医学部・付属病院のある伊勢原キャンパスでの学習体制とすることにした。即ち、湘南キャンパスはその開設以来、電気・電子・機械工学分野或いはコンピュータ技術について教育・研究を継続していることで、充実した工学教育が可能であること、又、伊勢原キャンパスでの教育においては、医師資格等を有する教員から医学系専門科目を学ぶと共に、臨床の現場が身近にあることから演習、実習科目についても実践に近い形での教育が可能となる。

1)1、2年次教育

4年制総合大学ならではの幅広い人文系・工学系教育を行い、豊かな人間性を基にした社会的知識、物事を多面的に捉えられる能力を東海大学の中心キャンパスである湘南キャンパスにおいて養う。具体的には文理融合科目を配し、医用生体工学が人間社会に果たす役割、社会貢献の意義について教育する。工学系基礎専門教育に関しては工学部ならではの電気・電子工学、機械工学、計測工学等の面での充実した教育環境・カリキュラムを取り入れ、高度かつ的確な実践的工学知識をもてるように図る。このためには、講義を中心とした座学に加え、電気・電子工学実習、情報処理実習、物理実験、生物学実験、などの実習・実験科目をこれまで以上に充実させることで対応する。

2)3、4年次(専門)教育

1、2年次に習得した高度な工学基礎知識を基に、学びのキャンパスを医学部・付属病院のある伊勢原キャンパスへ移し、臨床現場に直結した臨床医学、治療・診断機器に関する密度の高い座学と実習を展開する。この教育にあたっては工学系教員に加え、医師、臨床工学技士等からなる医学系教員を充当し、臨床医学から治療器・診断装置の構造・原理から治療のメカニズムまでを徹底して教育する。さらには医療倫理についても学習することで、メーカー、商社、医療機関、公的機関等を含む幅広い医療分野において将来の指導者に相応しい技術者、臨床工学技士を養成する。

教育目標

近年、工学、医学を含む生命科学の技術進展は目覚しく、これらの成果は医療技術に著しい発達と高度化をもたらしている。この高度化された医療を支え、更に発展させるため、医療機器の開発とその操作等に関連する技術者の養成に対し社会的ニーズが増加している。

これらの社会的背景を基に工学部医用生体工学科では、学生に工学的分野と医学的分野の知識をバランスよく習得させ、工学的手法をもって医療、福祉に貢献できる人材を育成することをその目標としている。

養成する人材

  1. 1.先端医療機器や生体情報の工学的解析法を医療従事者に対し提供できる、あるいは医療機器の研究・開発ができる人材、および、臨床工学技士として臨床現場にて医療機器の進歩に柔軟に対応できる人材。
  2. 2.工学的思考法を医療に応用できる力、工学的観点から生体の機能・構造、医学・疾病治療を理解する力を持った人材。
  3. 3.チーム医療をリードできる力、チーム構成員間の互いの尊敬・協力関係を醸成し協調的グループをつくる力を持った人材。
  4. 4.医療機器の研究・開発ができる力、医療機器の構造と原理を理解し、応用する力を持った人材。

医用生体工学科へ戻る