教育研究上の目的・人材像

教育研究の理念・目的

電気電子工学科における教育研究上の理念は、社会に貢献し、公益に寄与することのできる能力を有した技術者を養成するため、社会の要望に添った伝統的および広範囲で先進性の高い電気系技術について総合的な専門知識を授けることに留まらず、自然環境と社会生活とが調和した専門技術を広く活用できる人材を育成することを目的としています。この理念を基に、「専門技術を形にする力(専門知識を基礎に、それを自らが表現して専門技術を形にする力)」、「国家資格を有し公益に寄与する力(専門分野の各種国家資格を取得し、社会の公益に寄与できる力)」を身に付けた人材を育成しています。

教育方針

電気電子工学は、現代の多様な電気利用技術に関連する幅広い領域を扱う分野であり、社会生活を支える工学の重要な柱の一つになっています。これまでに電気系の専門ジャンルは、電気エネルギーの発生と有効利用に関わる発電・電気設備・電気機械・制御技術や電気通信などを専門とした電気工学、半導体・電子材料・電子回路技術などのハードウェアを専門とした電子工学、情報処理機器の通信方式や信号データ処理技術などのソフトウェアを専門とする情報通信工学などに細かく分けられてきました。しかし、これらの細分化した技術分野を対象に学んでいても広く産業界や社会から要求されている総合的な専門知識と専門技術を活用する人材育成に対応でき難いと判断されます。そこで、電気電子工学科では専門ジャンルの細分化と流行トレンドに偏らず、自身の関心と志向に合わせた電気系専門ジャンルを横断して学べるように、幅広い視野と知識を授けながら社会ニーズと産業界ニーズにも対応できる総合的な電気系技術者の専門教育が行われています。

カリキュラムの概要

電気電子工学科の教育と研究活動の目的は、電気の有効な利用に関わる電力、電気機械、電気通信、電子機器などの社会基盤技術に重点を置きつつ、社会の要望に添ったクリーンエネルギー、電気自動車、ホームエレクトロニクス、移動体通信、放送、ヒューマンインターフェイスなどの先進性の高い科学技術の教授を行うことであります。これは同時に、社会性の高い広範な技術分野において電気系技術を活用する人材を養成することにあります。

カリキュラムでは、電気系技術が幅広い領域を担っていることから、学生個人の志向を考慮するため次の3つのコースを設けています。なお、各コースは履修の目安を誘導するものであって、各種の国家資格の試験免除や、コース共通の発展性の高い専門技術、自己形成の展開などに係わる科目が志向に合わせて学習できるように配慮しています。

電気機械コース

電気エネルギーの安定な発生と供給の仕組みを学び、それを利用する電気機器や電気機械の応用技術と、それを活用する交通や生活環境など社会基盤に関わる電気機械技術に重点を置いた科目を履修します。ここでは、経済産業省の認定学科として電気主任技術者の育成も行なわれています。

電気通信コース

無線や有線による情報伝送の仕組みを学び、それらを社会生活の中で利用する電波技術や情報伝送技術と、活用する先進的な移動体通信技術や、音響と映像に関わる放送技術に重点を置いた科目を履修します。ここでは、総務省の認定学科として電気通信主任技術者や各種無線従事者の育成も行なわれています。

電子機器コース

アナログ電子回路やディジタル電子回路の仕組みを学び、それらを電子機器に利用する集積回路技術と、活用する先進性の高いロボットや航空機、自動車などの電子機器技術に重点を置いた科目を履修します。

学習のための教育目標

電気電子工学科は、人間性豊かで自然と人類の調和を図り、学際的にも幅広い視野を有する資質と電気系技術を活用できる人材を育成するため、次の目標を設定しています。

  • 幅広い視野を有し、自然と人類の調和を図ることのできる人間性豊かな人材となるために、学生個人が現代をいかに生きるべきかを主体的に選び取ることのできる人生観、歴史観、世界観などの自らの思想を培い、時代の変化や新しい時代に対応できる共通の基盤と智力を体得する。
  • 国際的感覚と視野を身に付け、将来従事するであろう分野での問題の発見と解決のためのコミュニケーション能力を体得する。
  • 他者と協力して計画的に物事を成し遂げる実践力を身に付けることができるように、実験・実習、ならびにゼミナールや研究活動などを通してチームワーク力やリーダシップ力を体得する。
  • 経済・技術の発展とエネルギー・資源、あるいは地球環境や高度情報化に伴う諸問題の関係が深まる中で、技術者や研究者はどのようなモラルと使命をもって社会への貢献と公益への寄与を果すべきかを判断できる能力を養う。
  • 電気系技術を活用する業務に従事することを目的に、自然科学に係わる基礎知識を修得する。
  • 将来、電気電子技術を利用した分野に従事するのに必要な応用技術が理解、吸収、表現できる基礎知識を修得する。
  • 電気の諸現象および各種理論の理解を深めるために、実験によるその立証の方法とデータを解析、考察して説明する能力を体得する。さらに実習を通してもの作りに必要なデザイン能力と意志伝達能力を体得する。
  • 学部教育の全体を通して探求能力、解析能力、応用開発能力、表現能力等の創造的思考能力を体得する。

電気電子工学科が養成している人材とスキル

本学科では人間性豊かで自然と人類の調和を図り、社会生活の根底を支える幅広い視野と素養をもつ人材が育成されています。特に、社会の要望に添った伝統的および広範囲で先進性の高い電気系技術について総合的な専門知識を授けることに留まらず、自然環境と社会生活とが調和した専門技術を広く活用できる人材が育成されています。電気電子工学科のカリキュラムは、この人材像と教育目標を具体的に展開するために、次のスキルを体得できるように組み立てられています。

『自ら考え、集い、挑み、成し遂げる力を持った人材』

  • 自ら考える力(学習力、思考力、探求力)
  • 集い力(コミュニケーション力、関係構築力、アイデンティティ獲得)
  • 挑み力(問題発見力、構想力、プランニング力)
  • 成し遂げ力(工程管理力、実行と継続力、分析と修正力)

『技術者としてのモラルを有し、社会とのつながりを意識して活躍できる人材』

  • 技術者のモラルと使命(技術者のモラルと使命を理解して工学の発展に寄与し、社会に貢献する力)
  • 工学を理解するための基礎力(技術者として必要な自然科学的基礎知識を修得し、自らの考えを適切に表現する力)
  • 時代の変化に対応する専門力(専門分野の技術動向に精通し、時代に即した工学的な対応策を見いだすことができる力)

『社会の公益に寄与するため、電気電子工学の知識を基礎に、自らが専門技術を活用できる人材』

  • 専門技術を形にする力(専門知識を基礎に、それを自らが表現して専門技術を形にする力)
  • 国家資格を有し公益に寄与する力(専門分野の各種国家資格を取得し、社会の公益に与できる力)

電気電子工学科へ戻る