教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 工学部電気電子工学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、人間性豊かで自然と人類の調和を図り、学際的にも幅広い視野を有する資質と電気系技術を活用できる人材を育成することです。また、国際的感覚と視野を身に付け、将来従事する分野での問題の発見と解決のためのコミュニケーション能力を体得させることです。さらに、技術者や研究者が持つべきモラルと使命、社会への貢献と公益への寄与を果たす能力を育成することです。

ディプロマ・ポリシー

 工学部電気電子工学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
電気電子分野に従事するために必要な応用技術が理解、吸収、表現できる基礎知識を有する。

『汎用的技能』
国内外の人々と協力して計画的に物事を成し遂げる実践力およびチームワーク力やリーダーシップ力を有する。

『態度・志向性』
探求能力、解析能力、応用開発能力、表現能力等の創造的思考能力を有する。

カリキュラム・ポリシー

 工学部電気電子工学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 電気電子工学科では、「電気機械」、「電気通信」および「電子機器」の技術を教授するカリキュラムを有し、幅広い分野の技術を学ぶことを可能にしています。本カリキュラムでは、学生が高い技術力、実践力を取得することが可能です。また、「入門ゼミナール」などの科目ではアクティブラーニングを実施し、学生が能動的に学ぶことで知識、技能を含めた汎用的能力の育成を目指しています。一方、「英語アカデミック・プレゼンテーション」等の科目では、自らが有する知識、技能を英語で他人に伝える能力の育成も行なっています。さらに、本カリキュラムは、電気主任技術者などの資格が取得可能であり、資格取得によって卒業生が自らの活躍する場を広げることが可能です。
 本カリキュラムでは、以上の知識、技能を修得した学生たちがグローバル化する社会において活躍することができる人材となり、自らが持つ専門性を生かしながら、就労上の希望を叶えることを目指しています。
 本学科は、これらの教育課程を編成するとともに、学生たちへの教授を実施することで、学生たちの電気電子分野の知識と技能、実践力、チームワーク力やリーダーシップ力、知識と技能を基とした応用開発能力および創造的思考能力を育成します。また、本教育課程で得た専門的知識と技能を生かしながら、個々の学生が持つ就労上の希望を実現することを目指しています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

電気電子工学科へ戻る