教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 工学部動力機械工学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、まず専門教育科目の修得に務めさせると共に、社会人全般に不可欠な基礎教育科目の知識の涵養にあります。また日進月歩の社会ニーズに対応するため、自ら問題提起し、それらを解決できる能力を養い、さらに国際的にも通用する視野の広い知性と見識を持った人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 工学部動力機械工学科では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 文理融合の観点から社会の発展と科学技術の関わりを理解し、工学分野の幅広い基礎知識を持つと共に、動力機械工学分野における知識と技術を体系的に理解する力を持つこと。

『汎用的技能』
 現代文明が抱える諸問題に対し、自らの知識と技術を活用して動力機械工学分野の取り組むべき課題に挑戦する実践力を持つこと。

『態度・志向性』
 国際的な視野を持ちつつ、動力機械工学による持続可能な社会を実現するあり方を自ら考えると共に、常に新しい知識と技術を獲得する姿勢を持つこと。

カリキュラム・ポリシー

 工学部動力機械工学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本学科のカリキュラムは基盤となる機械工学の基礎を学んだ上で、高度な専門分野として学科の特色である自動車を主として、様々な動力・輸送機械に関わる学問・技術を修得できるよう構成されています。その専門教科は従来の機械工学の専門領域以外に、機械工学だけに留まらない境界領域的な分野をも包括しています。科学技術の進歩は、学問的知識に基づく思索及びその実現性を確かめるための実験、この両輪の進行によって支えられていることを深く認識してカリキュラムは構成されており、機械工学及び産業・技術の発展に寄与できる豊かな創造性と開発力を備えた実社会に役立つ人材を育成します。
 学科全般の教育は、一貫性を持ち体系的に色々な学問や技術を学べるように考慮されています。科目の構成は、基礎から応用へ、解析から総合へ、理論から実践へ、スキル及び学科の特色ある科目を系統的に配置し、それらには有機的なつながりを持たせ、段階的な学習効果を図った内容となっています。具体的には初期セメスターにおいては本学の建学の精神及び思想を教授する現代文明論を中核として、幅広い思考方法を与える現代教養科目、国際化に適応するために必要な英語コミュニケーション科目、体躯を養うための体育科目など基礎教育科目を履修します。同時に、基礎専門科目と専門科目の一元化及び学生学習歴の多様化に応え、専門科目の修得に必要な専門基礎科目である数学系、物理系及び化学系科目等を履修しながら、学科の基礎的な専門科目を学ぶことになります。
 本学科では、産業活動に必要な動力を、色々な形態のエネルギーから、いかに効率よく取り出すかというエネルギー変換の基礎とその応用技術を修得することを一つの目標としています。学科では、材料力学、材料・加工学、流体工学、熱工学、動力・輸送機械工学、機械力学、メカトロニクス及びモータースポーツの各学科目分野に優秀な教育・研究スタッフを配することによって、幅広い学術領域をカバーできるよう教育カリキュラムが構築されています。最終年次には学部教育の集大成である卒業研究1・2が配置され、学生にとって魅力のある研究課題を学科教員が直接的に指導することで、卒業後実社会につながる工学的技術を模索するための研究方法を修得させると共に、創造性豊かなエンジニアの育成を目指しています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

動力機械工学科へ戻る