教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、航空機操縦と運航に関する知識と技術を修得し、豊かな人間性と確かな操縦技倆を兼ね備え社会の負託に応え、常に向上心を持った信頼されるプロフェッショナル・パイロットを育成することで、あわせて米国留学の機会も活用し国際性と語学力を身に着けた人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻では、大学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 良識ある社会人としての必要な教養を持つとともに、航空機操縦と運航に関する知識と技術の修得及び応用力、ならびに英語力を持つこと。

『汎用的技能』
 新しい技術・変わりゆく環境に、自ら積極的に思考し、対応していく実践力を持つこと。

『態度・志向性』
 国際的な視野を持ち、安全運航という社会の負託に応える使命感と信頼される人間性を持つこと。

カリキュラム・ポリシー

 工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 大きな特徴として、飛行のための知識教育と、それに基づく日米の操縦士免許取得の飛行訓練教育があります。
 1年次の春セメスターは留学に備えた英語科目に力点が置かれつつ基礎知識と現代文明論を学び、秋セメスターは多くの操縦士専門知識科目を中心に構成されています。操縦士専門知識科目は飛行訓練前に取得しなければならない3種の国家試験合格へつなげる性格も併せ持ちます。
 2年次のノースダコタ大学への留学中のカリキュラムでは、先ず米国の免許取得課程があり、引き続き国土交通省認可の日本の免許取得課程があります。それぞれ操縦に必要な知識科目と操縦訓練科目で構成されています。
 留学から帰国後は「航空産業論」や「航空機システム工学」などの主専攻科目や多様な自己形成科目を各自選択して履修し、深い専門知識や幅広い教養・知識を修得し、4年次には卒業研究を履修し、自らテーマを選び、調査し、考察して、一定の見解を纏め上げるというプロセスを通じて論理的思考力、創造性及び表現力を育成します。
 また教育目標のさらなる実現のため、自主性、協調性、責任感、リーダーシップといった操縦士に極めて重要な素養の醸成、あるいは航空会社に就職した後に円滑に実用機訓練に適応できる知識と応用力の充実を図っています。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

航空宇宙学科 航空操縦学専攻へ戻る