工学部

工学部ニュース

工学部ニュース一覧へ

工学部からのお知らせ

FM東京の番組「School of Lock」と工学部がコラボレーション企画を展開しました。
詳細は下記よりご覧いただけます。

工学部紹介

工学部では、科学技術を駆使した工学の汎用的な知識と技能、専門領域の実課題に対して実践する考え方と実行力を養成するとともに、創造力を伸ばす教育と研究を重視しています。知識偏重の教育に偏ることなく、工学分野の汎用的な知識と技能の調和に配慮し、工学の基本に力点を置いた教育と研究活動が実践されています。工学部では理工系技術の知識と技能をバランスよく学び、産業界等での課題に対して実践する考え方と実行力を身に付ける学びの環境が整っています。この学びで「科学技術者」として志向に合った確かな未来を探求してください。

学部の特色

(特色1) 科学技術の教育と研究を基幹とする学問の府
応用理化、電気電子情報、建築、土木、機械、航空といった伝統的な理工学群の教育と研究、さらにこれらの理工学の先進的な融合領域として展開しているライフサイエンス(生命現象の理解に基づく医療、創薬、食品)、グリーン・イノベーション(エネルギーと環境の調和を図る創エネルギー、蓄エネルギー、省エネルギー)、情報通信技術・ICTの応用など理工学全般の教育と研究を基幹とする“現代社会と科学技術のつながり”を重視した学問の府である。

(特色2)常に未来を見据えて自らが取り組むべき課題を探求する力
適切な方法を選択して情報を収集する「学習力」、事実に基づいて情報の真偽や本質的な問題を定性的あるいは定量的に見極める「判断力」、問題の原因や本質を知ろうとする「探求力」を継続的に身につけるための行動を重視した教育研究。

(特色3)多様な人々の力を結集する力
相手の考えや思いを理解しながら自分の考えや意見も伝えることができる「コミュニケーション力」、多様な価値観を理解し合い友好な人間関係を築くことのできる「関係構築力」、自分や周囲の役割を理解し互いに連携・協力して物事を行う「アイデンティティ獲得」を重視した教育研究。

(特色4)困難かつ大きな課題に勇気を持って挑戦する力
物事に対して挑戦的に取り組み、問題や課題を発見する「問題発見力」、その解決に向け具体的な方法を考案する「構想力」、ゴールイメージを明確にして目標を立てる「プランニング力」を継続的に身につけるための行動を重視した教育研究。

(特色5)失敗や挫折を乗り越えて目標を実現していく力
目標の実現に向けた自律的な行動計画やシナリオを描く「工程管理力」、目標の実現に向け行動を起こし継続する「実行と継続力」、現在の状況を分析して計画や解決策を改善する「分析と修正力」を重視した教育研究。

工学部の教育研究上の目的、養成する人材像

工学部学科一覧

生命化学科

さまざまな生命現象を“化学の言葉”で学びバイオサイエンスを有効活用する。

応用化学科

広い視野に立って解決困難な問題に対処できる“問題発見・解決型”の人材を育成。

光・画像工学科

幅広い知識を備え問題解決能力に優れた光と画像の技術者を養成する

原子力工学科

幅広い視野と高い倫理観を養い原子力高度技術者を目指す。

電気電子工学科

自らの志向に合わせて3つの分野のテクノロジーを学ぶ。

材料科学科

豊富なコース設定で一人ひとりの未来を自由にデザインできる。

建築学科

幅広い分野の知識を吸収し人々が安心して暮らせる空間を創造する。

土木工学科

自然と調和しながら人々が安心して生活できる新しい空間を創造する。

精密工学科

精密機械を支える基盤技術を修得し先端技術の未来を創造する。

機械工学科

幅広い知識を修得するかひとつのことを極めるか希望に合わせて選択可能。

動力機械工学科

知識と技術を学んで着実に実力をつけることで未来を築く技術者を育成する。

航空宇宙学科 航空宇宙学専攻

最先端技術を習得して実験・実践の経験を積み幅広い科学技術分野で活躍する。

航空宇宙学科 航空操縦学専攻

必要なライセンスを在学中に取得できる、日本の大学初のプロパイロット養成コース。

医用生体工学科

工学と医学の知識を修得し新たな医療機器を開発して医学の発展に貢献する。