学びの分野

海の「文化」と「くらし」から明日の社会を考えます。

文明の「あゆみ」と「すがた」を考える 

人は海とどのように関わり、文明を生み出してきたのかを多角的な視点から考察し、私たちの心に豊かさをもたらす現代文明のあり方を考えます。

多様な価値と文明の「共生」の方策を考える

身近な海から世界の海までを視野に、海をめぐる対立の背景にある多様な価値観や経済的利害を実態に即して理解し、問題解決に向けた糸口を探ります。

現場体験を通して責任感と行動力を養う

人と海の関わりを、現場に生きる人たちと共に感じ、考えていくために、さまざまな地域を訪ね、海を利用した観光や生活文化の体験や調査を行います。

アドミッション ポリシー

海洋文明学科では、本学科の教育目標「海と人の関わりから現代文明・社会に生起する諸問題を発見・解決するために、人文・社会科学的知識及び思考力を養い、自立した市民や職業人として必要とされる倫理・責任感の伴なった行動力をもつ人材の育成」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

海洋文明学科へ戻る