動力機械工学科

エネルギーをパワーに。「動力機械工学」で夢を設計し、未来を創造しよう。

自動車、航空機、船舶、磁気浮上車両などの輸送機械と、その動力源であるエネルギー変換技術を学ぶことができます。卒業研究では実験や数値解析のスキルを磨き、学生フォーミュラなどの各種モータースポーツの研究をすることもできます。今から4年で高校の先生がびっくりする”あなた”にします!

学びのステップと将来のビジョン

1年次

基礎科目を中心に履修。グローバル社会で必要な英語力を養うため、リスニング&スピーキングの授業も用意されています。

2年次

「カーマテリアル」「車両構造力学」「動力機械設計製図」など、専門分野の基礎的な科目を中心に履修します。

3年次

「電気自動車工学」「レーシングカー工学」「エンジン設計」などの科目から動力機械工学を学び、専門的な知識、着眼点と思考能力を身につけます。

4年次

未来のエンジン、パワートレイン、エネルギー変換の研究・開発など、業界・分野の先進テーマから「卒業研究」を選び、研究します。研究の成果を卒業論文にまとめ、発表会に臨みます。

将来のビジョン

輸送機械、産業機械、工作機械、CAEなどの分野を中心に、製造業でエンジニアや研究者、開発担当者として活躍できます。

学科のキーワードと概要

高度な機械工学の知識と技術、エンジニアに必要な課題発見・解決能力、豊かな創造性が目を覚ます