学びの分野

地球と人類、社会を大切にする気持ちを考える

応用化学は、ものごとをじっくり見つめて何かを生み出そうとする好奇心と、地球や社会そして人類を大切に思う気持ちとが融合して生まれる分野です。そうした気持ちを、学科の講義や実験を中心とした学生生活の中で考えることを大切にします。

自然や化学技術に対する広い視野を育む

応用化学科の特徴は、1年次から3年次まで、実験実習科目を開講していることです。この実験実習を通じて、物質の性質や特徴を理解し、化学の技術を深く修得します。自ら実験を行い、そこから得た経験が、授業で学んだ知識をより深め、自然や技術に対する視野を広げることにつながります。

ともに学び成長することで、自ら問題を定義し、発見、解決する力を養う

応用化学科では、学生と教職員がともに学び、考え、成長することを大切にしています。4年次では、全員が各研究室に所属し、自分の希望するテーマを課題とした卒業研究に取り組みます。各研究室では、教職員や先輩とのコミュニケーションを大切にし、適切なアドバイスが受けられる雰囲気の中で、勉強や実験、考え方の進め方を修得し、自ら問題を定義し、発見、解決する力を養います。

人類の幸福と福祉に、国際的に貢献できる能力を身につける

応用化学科の卒業生を特に必要とする化学工業は、日本を支える基幹産業のひとつであり、今後、諸外国への技術移転がさらに進み、化学技術者が国際的に活躍する機会がますます増えていくと考えられています。そのため、応用化学科では、21世紀を担う化学技術や社会の発展に国際的視点から貢献できる能力を身につけていきます。

アドミッションポリシー

応用化学科では、本学科の教育目標「『世の中の技術動向を化学的観点に立って理解する力』、『産業界で活躍する技術者として必要な化学的基礎力と応用力』、『中学・高校理科教員や技術者として化学的指導のできる能力とスキル』を兼ね備えた研究者・技術者・指導者を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

応用化学科へ戻る