建築学科

高度な専門知識と豊かな感性で人々が安心して働き、生活できる空間をつくる。

専門知識や技術にくわえ、関連分野や異文野も幅広く学ぶことで、建築の全体計画から構造や設備に至るまでのさまざまな建築に関する総合的・実践的能力と広い視野が培われます。また模型や図面、それに適切な言語表現を用いて自分の作品を魅力的にプレゼンテーションする力が養われます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「建築デザイン入門」や「空間測量実習」などで入門的な建築の知識を学びます。また、建築を学ぶ上で不可欠な製図、造形、設計などの初歩的な演習を行います。

2年次

自らのプランを図面や模型で表現する設計課題演習が始まります。また「生産・構法実験」などの実験演習も行われます。

3年次

4年次に取り組む「卒業論文・卒業設計」の内容を考えながら、その方向性に沿った科目を履修し、より高度な内容を習得します。

4年次

研究室に所属し、4年間のまとめとして卒業研究に取り組みます。成果は「卒業論文・卒業設計」としてまとめ、提出します。

将来のビジョン

主な就職先はゼネコンや住宅などの建設業界です。在学中の学びを生かし、「一級建築士」の資格を取得して活躍している卒業生もいます。

学科のキーワードと概要

調査力・分析力、空間把握能力、プレゼン力